このページを印刷する

エキスパートプロフィール

金剛寺 明

金剛寺 明

プロフィール 料理が好きですが、最近は外でする料理に凝ってます、車に色々積み込んで、豪華な料理ではなく、小型のクッキングストーブ一個、で出来る物3人分の食材も保冷バッグ一個、トートバッグ一個、ディパック一個、持って歩けるサイズで作ります。ウエストバッグ一個にはいる物で野点なんていいですよ。
趣味 アウトドアクッキング、バックカントリースキー、読書、ジャズ

こんなお仕事はお任せください

外食産業の方に既存店活性化プログラム

チェーンレストラン、ファーストフード 50店舗以上運営されているお店は既存店が堅調に伸びなくては未来がありません。立地環境、パフォーマンスに最適な店舗運営を考えていくという知恵が必要なのです、店舗コンセプトとのバランスをどうするのかがこのノウハウのすばらしい所です。
(実績:100店舗以上の5チェーンに導入して計730店舗の改善を果たしました。おそらく店舗で多業態にも適応できると思っています。このサイズのチェーンは既存店をプロフィット化しないと100店になりません。)

組織改革

モラールサーベイ、市場分析を通じて、組織の改革をします。人事評価制度の改革・マネージメント研修・ホットライン・人事部の入れ替え等を提案推進サポートします。特にマーケティング機能が発揮できる組織を目指します。
(実績:15年間で22社手がけました、サイズは年商10億~1000億までの実績があります。業種はなんでも可能です。100~300億ぐらいが効果が出やすいです。)

学校法人改革

大学を中心とした学校法人の改革です。職員・教員のモラールサーベイからはじまって学校の置かれている市場分析を行い、短期的には定員確保と外部資金導入、中期的にはブランド構築・社会貢献組織を目指します。
(実績:大学1短大1専門学校1予備校1の実績です。)

こんなセミナーはお任せください

レストラン・マーケティング

水商売といわれているレストランマネージメントに科学的手法を導入する方法と考え方です。数値分析が基礎にあってその上におもてなしがあれば無敵です。
(実績:5チェーンに連続講義として実施、単発では8チェーンに実施)

大学のマーチャンダイジング

大学の商品は研究と教育ですが、それ以外にも売れる物があり、売り方を考えることで市場をひろげることが出来ます。そのやり方をお教えします。
(実績:大学4校)

ミドル・トップのマーケティング・マネージメント

市場分析から商品開発/チャネル戦略/コミュニケーション戦略の仕方をコーチングします。グループ・ワークが主体となります。
(実績:外食、化粧品販売、IT企業、出版、食品等 各社で実施)

大学革新プログラム

大学の幹部職員向けの、マーケティング手法を中心とした研修プログラムです。
(月2回・全8回・対象人数10〜30人)

■第1回「概論とオリエンテーション」
大学の改革はなぜ難しいのか、改革するための手法と事例について
本研修の運営方法について

■第2回「大学のコミュニケーション戦略」
待っているだけでは知ってもらえない、オープンキャンパスの致命的欠点と改善法
ツールと手段、実施時期、フローでないストック型コミュニケーション戦略

■第3回「高校大学連携プログラム」
囲い込みこそ重要施策、大学の資産の有効活用のために、商圏開発の手段と手法
募集は高校1・2年生のアプローチ営業戦略化

■第4回「授業評価」
教員評価とその活用について、世間への公表と大学商品としての活用の仕方

■第5回「キャリアセンターを作ろう」
就職部からの決別、高学歴のフリーターを作らないプログラム、就職率100%で3年以内離職率40%を防ぐ事の重要性、カムバックサーモンプログラム

■第6回「地域交流」
地域を支えるための仕組み作り、施設の解放の仕方、公開講座から総合研究所へ事業化へのステップ、産学協同、自治体との取り組み、NPOとの取り組み

■第7回「組織改革」
生き残りをかけた組織の改革、人材スカウト、組織機能の見直し、人材育成、人事評価システム、教員任期制の導入の仕方

■第8回「中期経営計画」
中期(3〜5年間)の改革計画を策定、大学の中期計画策定にあたっての留意点と自校にとっての留意点を考えるグループワーク

商工会の皆様に「地域ブランド創出研修」

地域の商品開発は素材だけでは付加価値がありません。 そこで商品開発を中心に据えてブランド開発をします。 研修が終わると貴方の地域のブランド作りに即着手することができます。
(全4回・対象人数15〜50人)

■第1回 ブランド展開の現在
地域活性化の切り札なのにどうして上手くいかないか、素材探しと商品開発

■第2回 コミュニケーション戦略
商品の伝え方・ブランドの伝え方、コミュニケーション戦略の原則とその応用

■第3回 チャネル戦略
売り方には一工夫がいる、さまざまな販売手段を考えてみよう
事例の紹介や地域に合った販売展開

■第4回 展開案策定
商工会がつくる地域ブランドとその展開を考えてみる

自治体皆様に「新規事業創出研修」

地方改革には新規事業の創出というのはとても大事なポイントです、 それを5回の研修(2ヶ月半)で着手出来るようになります。 どの様な地域のどの様な業態でも対応できます。
(全5回・対象人数10〜50人)

■第1回 新規事業展開の現在
地域活性化の切り札なのにどうして上手くいかないか
素材探しと商品開発(商品はモノだけではないコトも大事)
現時点での問題の検討

■第2回 商品戦略
商品の作り方、商品化事業化の勘所
地域の特性を考える/普遍と特殊(特殊ベネフィツト)

■第3回 コミュニケーション戦略
コミュニケーションの仕組み
構築のしかた・手段と効果について
基本は告知手段よりロイヤリティの醸成

■第4回 チャネル戦略
売り方には一工夫がいる
さまざまな販売手段を考えてみよう
事例の紹介
地域に合った販売展開 
自治体の機能は他地域展開/巨大消費地をどう考えるか
展開の三段階と販売の複合化

■第5回 展開案策定
自治体の新規事業サポートとその展開を考えてみる

  • 会社案内
  • 会社概要
  • エキスパート紹介
  • 企業ポリシー
  • 代表メッセージ
  • 所在地、地図
  • 採用情報
  • マインズコンサルティングのエキスパート紹介
  • マイコンジャーナル
  • コンサル用語集

このページの上に戻る