このページを印刷する

コンサル用語集

ERP

ERPの意味

経営資源計画のこと。企業内のあらゆる経営資源(人、物、金、情報)を有効活用しようとの観点から、企業全体で最適に配置・分配し統合的に管理することで効率的な経営を行なうことを目的とする手法・コンセプト。

用語の解説

一般にERPと情報システムとしてのERPパッケージが同義として扱われがちだが、厳密には完全に分けて考えるべき問題といえる。
経営手法としてのERPにおいては製品の製造や販売、在庫管理や購買管理、流通はもちろんのこと、会計や人事にいたるまで統合的に管理することで、企業全体を効率的に運用する最適な資源配分を行う。これを実現するためのツールとしてITを活用することとなる。
具体的には、基幹業務全般データの収集・管理ツールや、各部門がそれらのデータを共有するための機能を提供するツールなど、経営判断や意思決定をスピーディに行うための各種ツールを提供するシステムを構築する必要がある。

このページの上に戻る