このページを印刷する

コンサル用語集

経営革新認定(けいえいかくしんにんてい)

経営革新認定の意味

経営革新認定とは、中小企業、及び組合等が経営革新計画を作成し、都道府県の承認を受けることにより、税金の優遇、保証・融資の優遇、投資・補助金の支援、販路開拓の支援を受けることができる制度。

用語の解説

承認には、新事業活動の実施(1. 新商品の開発又は生産、2. 新役務の開発又は生産、3. 商品の新たな生産又は販売方式の導入、4. 役務の新たな提供方法その他の新たな事業活動)、及び数値目標の設定が要件になる。

このページの上に戻る