このページを印刷する

コンサル用語集

EC (Electronic Commerce:電子商取引)(いーしー)

ECの意味

インターネットなどのネットワーク上で、契約や決済などを行なう取引形態。インターネットを利用し商品を販売するWebサイトをECサイトという。

大きく3つの取引に分かれ、企業同士の取引を「BtoB」(Business to Business)、企業・消費者間の取引を「BtoC」(Business to Consumer)、消費者同士の取引を「CtoC」(Consumer to Consumer)と呼ぶ。

用語の解説

電子商取引では、商品の売り手にとって実店舗の必要がなく、地理的な不利を受けずに低コストで運営を開始できる。また実店舗がある場合は、ECサイトの連携で相乗効果(クリック&モルタル)が期待できる。買い手側にとっては、商品を低価格で購入できる可能性が高く、情報収集と意思決定、支払を同一の場所で行うことができるというメリットがある。

一方でインターネットの性質から、商取引の安全性や個人データの保護などの対策が必要となり、取引上の大きなトラブルになることある。

このページの上に戻る