このページを印刷する

コンサル用語集

XHTML(えっくすえいちてぃーえむえる)

XHTMLの意味

Webページを記述するため使われているHTMLを、XMLの文法で定義しなおしたマークアップ言語。

用語の解説

XHTMLが誕生した理由として、インターネットをはじめとしたオンラインでのデータの送受信にXMLが使用されることを想定し、HTML文書もXML処理系で統一的に扱える環境を整える必要があったことが挙げられている。Webページを単にブラウザで見るだけではそのページがHTMLなのかXHTMLであることはわからないが、XHTMLのほうがブラウザごとの見え方の違いが少ないこと、Web標準に沿っていることなどからXHTMLを使用するのが主流となっている。

このページの上に戻る