このページを印刷する

コンサル用語集

アクセシビリティ(あくせしびりてぃ)

アクセシビリティの意味

インターネットの普及に伴い、Webサイトの情報が多くの場所で重要視されている現代社会において、主に障害者や高齢者など体に何らかの不自由な人が、そうでない人と同様にWebを使いこなせることを意味する。例えば手や腕が不自由な人のためにキーボードだけで画面を操作できるようにしたり、視覚障害の人のために音声読み上げソフトに対応したりするWebサイトが「アクセシブル」なWebサイトと言える。

また、インターネット回線の遅い環境や処理速度の遅いパソコンであっても正常にWebサイトを見ることができる環境をつくることもアクセシビリティの一環とされる。

用語の解説

世界各国ではWebアクセシビリティに関する規格化や法制化が進められており、日本国内でも2004年6月にJIS(日本工業規格)化されている。
Webサイト制作に関して、アクセシビリティの実現のために様々な要素が絡んでいるが、少なくともWeb標準に沿ったサイト制作が必要とされており、Web標準と合わせて各企業が取り組むべき課題となっている。

このページの上に戻る