このページを印刷する

営業力診断テスト

以下の設問について、それぞれ入力してください。(ご回答者の主観的な判断で結構です)

マインズコンサルティングの「プライバシーポリシー」をご確認いただき、同意された上で、ご回答ください。

基本情報

会社名 部署名/役職 担当者名 メールアドレス
郵便番号 住所 電話番号 FAX番号
ウェブサイトURL 資本金 従業員数 営業担当者数
売上高 国内事業所数 海外事業所数 社歴
事業概要

I.貴社の業績及び事業環境に関して

1.ポジション;貴社(貴部)の業界でのポジションはいかがでしょうか?
2.成長性;貴社(貴部)の近年(3年程度)の売上高の伸びはいかがでしょうか?
3.競争性;貴社(貴部)の近年の(3年程度)の業界でのシェアの伸びはいかがでしょうか?
4.発展性;貴社(貴部)の近年の(3年程度)の新規分野(新製品/新市場)の開拓状況はいかがでしょうか?
5.収益性;貴社(貴部)の近年(3年程度)の利益率(営業利益)の状況はいかがでしょうか?
6.市場規模;貴社(貴部)の製品・サービスの近年(3年程度)の市場規模はいかがでしょうか?
7.競合状況;貴社(貴部)の製品・サービスの業界での競合状況はいかがでしょうか?

II.貴社の営業力に関して

営業マン能力

1.営業マンは自社の商品・サービスの特徴をしっかり説明できる
2.営業マンは他社の商品・サービスの特徴をしっかり説明できる
3.営業マンはお客様の購入要因(買う時に重視すること)を把握できている
4.営業マンはお客様の特性に応じた提案ができている
5.営業マンは計画的・効率的に行動している

営業マンの意欲

6.営業マンは仕事の中で、進んで改善や工夫を行っている
7.営業マンは自らの目標の達成に貪欲である
8.営業マンの定着率は高い(退職する人が少ない)
9.自己啓発を行っている営業マンが多い

営業マンの人数

10.営業マンは見込み客に対して、ほぼもれなく営業活動ができている
11.営業マンは新規開拓の時間的余裕を有している
12.営業マンは既存のお客様をフォローする時間的余裕を有している
13.クレーム等の突発事項が発生しても、通常の営業活動に支障をきたさない

情報の収集・分析

14.会社として収集・蓄積すべき情報が明確になっている
15.会社としてお客様のニーズを随時に把握できる仕組みがある
16.会社として競合企業の動向を随時に把握できる仕組みがある
17.法規制や新技術動向などの社会の変化は随時チェックされている

戦略策定方法

18.営業戦略は定期的に策定されている
19.営業戦略の策定は、分析に基づいて行われている
20.営業戦略の策定は、代替案の評価・選択の過程を経て行われている
21.営業戦略の策定には、営業マンの第一線の声が反映されている

戦略の浸透

22.会社の営業戦略は第一線の営業マンに、定期的に伝達する機会がある
23.策定した営業戦略に対して、第一線の営業マンから質問・疑問を受けている
24.会社の営業戦略が各営業マンの行動計画に落とし込まれている

戦略の推進チェック

25.戦略の推進状況は、定期的に評価・チェックされている
26.戦略は「施策の実行度」と「目標の達成度」の両面から評価・チェックしている
27.目標の達成・未達成について、しっかり原因分析が行われている

戦略の推進の仕組み

28.戦略(新領域開拓等)を遂行できるように、柔軟に組織が変更されている
29.戦略を遂行するための、専門知識・ノウハウが十分に保有されている
30.戦略を遂行するための権限委譲が十分になされている

マネージャーの能力

31.営業マネジャーは部下の動機づけに対して十分に配慮している
32.営業マネジャーは部下に適切に目標・課題を与えている
33.営業マネジャーの部下育成の意識は高い
34.営業マネジャーは部下に対して率先垂範をしている
35.営業マネジャーは計数管理について、十分な知識を有している

営業教育

36.営業マンとして身につけるべき知識・ノウハウが明確になっている
37.営業マンに対する教育プログラムが整備されている
38.営業マンひとりひとりに対して、能力アップの課題が示されている

人材採用

39.質の高い人材が、適宜採用できている

業績評価

40.努力をした人が適切に評価されている
41.業績評価の基準が明確に示されてる
42.業績評価の結果は適切にフィードバックされている

情報共有化

43.情報(顧客情報、市場情報、競合情報等)は、データベースに蓄積されている
44.情報は、第一線の営業マンが活用しやすいように加工されている
45.情報のメンテナンス(更新)は随時行われている
46.情報は、必要に応じて誰でもアクセス(共有)できるようになっている
47.重要情報は、担当部門から第一線の営業マンに対して随時発信されている

営業ツール

48.お客様のニーズを喚起するような営業ツール(事例集等)が揃っている
49.ターゲットに応じた営業ツールが整備されている/揃っている
50.第一線の営業マンに対して、営業ツールの使い方が、しっかり示されている

このページの上に戻る